Somewhere someone is singing.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
宝箱


今年の夏は
ことさら蒸して暑い気がする。

ココロもカラダも
限界だからかな。



たいせつにしてきた
心の中の宝箱。

粉々に壊されてしまったような。

壊された…というか、
パリンって。


大事にしてたものほど
壊れるときはあっけない。




ひとりごと - -
ヒグラシ


夕暮れがとてもキレイだった。

というか。
今年の夏、はじめてユックリ眺めた。


ヒグラシが鳴いていて。

空がいっそう美しく。





この夕暮れの景色を見る夏は
今年が最後だろう。


遠くまで広がる
西の空を眺めるのが好きだった。


それも夏から秋にかけて。



目に焼き付けて。

がんばらないと。

夏をもう少しだけ。





そして。

大好きだった夕暮れに
もうすぐサヨナラを
言わないとね。









ひとりごと - -
さかな


こうやって水槽の中で
一生を過ごしてる。


でもとてもキレイ。

それぞれを見分けることなんて
できないけど。


でも
それでもがんばってる。




水族館はなぜだか
とても心が落ち着く場所。


また近いうちに
いってこよう。


がんばらないと。


ひとりごと - -
Blue

 

 

 

可愛かったなぁ。

 

 

あの子もBlueも。

 

 

そして私は独り。

 

 

寂しいとかさみしくないとか。

もうそんなこと考えなくなった。

 

 

いまがきっと瀬戸際。

 

 

Blueの向こうに行くのか。

 

それとも。

 

 

 

 

もう自分でもよくわからない。

 

 

 

つかれきっても

やすむことも止まることも叶わない。

 

 

 

さて。

 

どうする?

 

私。

 

 

 

写真なんて長い間、

撮る気持ちにもなれなかった。

 

 

でも最近すこし撮ったもんね。

 

 

それは進歩なんだろうか。

 

それとも。

馴れきってしまっただけなのだろうか。

 

 

 

 

なにもかもが

Blueの向こうに感じるのです。

 

 

ひとりごと - -
木漏れ日

英語には


「木漏れ日」っていう表現が
ないんだって。

ビックリしたなぁ…


日本語って
美しくてやさしくて。

儚い。



ひとりごと - -
たべる小魚
ちりめんじゃことか
煮干しとか
ごまめとか。

カタクチイワシの乾物が
小さな頃から大好きだった。


なんでかというと、
ウチはお菓子がほとんど家になくて。
おじゃこを
オヤツ代わりに食べてたからかな、と。


母と一緒によく食べていた。


今日、
とても美味しい
「たべる小魚」っていうごまめを
ひさしぶりに食べて。


涙がポロポロ止まらなかった。




小さな頃のこと。

いつまで経っても
忘れられない。





ひとりごと - -
河津桜


空を見上げる余裕も全くなかった数ヶ月。  

 

お昼休憩にふと見上げたら、

みごとな河津桜が咲いていた。

 

花はやっぱりいいなぁ。

 

特に桜はほんとうに大好き。

 

 

咲いて散って。

 

美しい。

 

 

あれから一年。

 

私はいったいどうなるのだろう。

 

 

ひとりごと - -
サヨナラ

今夜も寒い。
まだまだ冷えて寒い。




サヨナラって言葉は
どこに向かっていくのだろう。



それはきっと。
自分に向かって。



サヨナラ。


胸のなかでつぶやくたびに
心はぺちゃんこにすり減りそう。



それでも言わないと。


サヨナラって。



自分の心にサヨナラ。



ただただ。
純粋だった私の心に。



サヨナラ。




あと少しだけ

つよくなりたい。




ひとりごと - -
生きるということ



昨年ながめたサクラ。


キレイだったなぁ。



胃に穴が空くかと思うくらい、
昨夜はショックなことがあった。


私はほとほとお人好しで
バカなんだとわかった。






一晩眠って。
今日になって。


神さまがもっと頑張れと
そう言ってるのかもしれないって。



生きるということは
自分を見つめるということ。


私はまだまだ修行が足りないらしい。



同じ生きるなら
フワフワ楽しく生きたいよね。


それは誰だってみんな同じ。




桜みたいに
花をつけない季節を
なんてことないふりして
過ごしていける強さを
自分のなかに見つけたい。


ひとりごと - -
| 1/1 |